Windows7の延長サポート終了にご注意を

Windows 7が2020年1月に延長サポートが終了します。また2020年10月にはOffice 2010も延長サポートが終了します。
マイクロソフト社の製品は、発売後最低5年間のメインストリーム サポートがあり、さらに最低5年間の延長サポートが提供されます。
2020年に、Windows 7・Office 2010共にこの延長サポートが終了するということです。

サポートが終了すると、プログラムやセキュリティ更新などのアップデートが提供されなくなります。
この様な状況になると、ウイルス感染、パソコンの乗っ取りなどにより、情報漏えいやフィッシング詐欺などの被害にあうリスクが高くなりますので、システムのアップデートの検討が必要になります。

WindowsXPのサポート終了の時は、新システムへの変更が、ぎりぎりだったり期限が過ぎてしまったりで、慌ただしく移行したと言うお客様が多くいらっしゃいました。
しかし、新しいパソコンに変えるだけではシステム移行は完了しません。
会計や販売管理などの業務ソフトウェアなどの新システムへの対応も必要になってきます。
新OSに対応しているか、アップデートやバージョンアップが提供されるかなどの確認や検証、導入~本稼働という流れになると思いますが、余裕を見て半年間ほどのスケジュールで移行していくのがお薦めです。

まだ1年4ヵ月もあると思っていると、色々と移行トラブルが発生します。
ぜひ余裕を持ったスケジュールで、アップデートを行ってください。

 

Windows7(システム)のアップデートは当社にお任せください。

※ご相談・お見積りは無料ですので、ぜひ お問合せフォーム からお気軽にご連絡ください。
もちろん電話(0493-27-0319)でのお問い合わせも受け付けております♪